So-net無料ブログ作成
検索選択

19/FEB/2017 DEB DYLAN presents 【SUNDAY AFTERNOON LIVE】 [DEB DYLAN]

ライヴ演ってから時間が経っちゃったけど^^;

一応レポ。

僕の今年初のライヴ。

去年たくさん楽しいライヴを演らせていただいた”ALL BLUES”ってお店が閉店しちゃったんで、
今回のライヴ、これまたステキなお店”BROWN SUGAR”で開催させていただいた。

Live0219 - コピー.jpg

日曜日の午後。
のんびりと酒でも飲みながら、ライヴ・ミュージックと音楽談議で楽しく過ごしませんか?

そんな感じで企画してるライヴ。

この日のラインアップは・・・

”BOSS & THE WAILERS”
”そのひぐらし”

という地元の素晴らしいバンドをメインに、
僕、DEB DYLANがオープニング・アクトでお耳汚しをするといった形。

コノ日の僕のセット・リストは以下の通り。
相変わらずカヴァーばかり^^;
なんの脈絡もない選曲?
一応、僕の中では流れというか、そんなもんが出来てるんだけど。

・I SHALL BE RELEASED / BOB DYLAN
・ACROSS THE UNIVERSE ~ WOMAN / JOHN LENNON
・GRAPEFRUIT MOON / TOM WAITS
・THIS LAND IS YOUR LAND / WOODY GUTHRIE
・DON'T LOOK BACK IN ANGER / OASIS
・OH YOKO ! / JOHN LENNON
・MR. TAMBOURINE MAN / BOB DYLAN
・(WHAT'S SO FUNNY 'BOUT) PEACE, LOVE & UNDERSTANDING / NICK LOWE
・REDEMPTION SONG / BOB MARLEY

アコギ弾き語りってスタイルで演ってて、
なおかつテクニックがないんで^^;
どうしてもスロー~ミディアムな曲が多くなってしまうんすよ。
かと言って、そういう雰囲気のステージでもないしなぁ・・・

なんで一本調子なライヴになっちゃうんすよね。
この辺は長年の課題。
なかなか克服できないんだけど^^;

野次飛ばされないようにリズム鍛えて、今年こそ!!
聴いていただいてる方がもっと楽しめる時間を創らないとだな。

情けない話ではあうんだけど。
自分が下手クソなくせにライヴ演りたいんで自分でライヴを企画したのがきっかけなんすよ、
僕の企画ライヴ。
出演者の皆さまのおかげで毎回お客さまに喜んでいただけてるけど、
僕の誰かのライヴに出演依頼されるようにならないとなぁ・・・
なんて思ったりして。

頑張るの苦手だからなぁ・・・^^;


ライヴのとき、僕を叱咤激励してくれる優しい先輩がカメラマン連れてきてくれて、
僕の写真撮ってくれたんすよ。
なんか、イッチョ前に撮ってくれてるんで公開しちゃおうかな^^w

いつもよりも男前?
だとしたらカメラマン様の腕前のおかげっす!!

大したコトなかったら被写体が悪いんすw

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

005.jpg

DEBなのは、まぁ しょんない。

あごの肉・・・^^;
腹のはギターで隠れてるけどw


僕の拙いパフォーマンスの後に登場したのは”そのひぐらし”

006.JPG

いつもながらの素晴らしい歌と演奏!!

どっしりと土台を支えるドラムとベースのリズム隊。
寡黙で饒舌な2人のコンビネーションが気持ちイイんだよなぁ。

その上に一つ一つ丁寧に音を並べてみたり、細かいフレーズを畳みかけてみたり。
万華鏡のようにカラフルで水墨画のように陰影のあるサウンドを弾き出すギター。

アコギを激しく丁寧に掻き鳴らしながら、
真っ直ぐで熱く、達観してるけど俗っぽい言葉を届けてくれるヴォーカル。

その全てが調和したのが彼ら”そのひぐらし”のサウンド。

彼らを初めて聴いたというコノ日のお客さまも気に入ってくれてた^^。

4/16にCDをリリースして、
当日にレコ発ライヴを敢行する彼ら。
さらなる活躍の日々となるよう僕も応援しないとだぁ!!


そしてコノ日のトリは。

高校、大学時代には一緒にバンド組んでたりしてたメンバーもいる昔からの音楽仲間。
”BOSS & THE WAILERS”

007.JPG

ルーツ・ミュージックをこよなく愛し、
かといって、よくあるマニア的な排他的な姿勢は全くなく。
誰とでも音楽談議に花を咲かせちゃう、音楽大好きなオッサン軍団。

今回は THE ROLLING STONESが傑作『BLUE & LONESOME』をリリースしたのに刺激されてか、
全編、彼らが愛するブルーズを披露。
コレがまたイイんすよ!!

遠い昔、太平洋の向こうにある大陸の片田舎。
そんな町のジュークジョイントでみんなが大騒ぎしたり踊りまくったりしたときのBGM。
ある意味、ど真ん中のブルーズを披露してくれた。
古典でも歴史的遺産でもなく、POP MUSICとしてのブルーズを。

寡黙にバンドの土台を支えるYAGI氏のカホン。
ステディでグルーヴィンなベースで男も女も魅了するトシちゃん。
弾かないカッコ良さを知ってるからカッコ良く弾き倒しちゃうギターのトモーノ。
渋いヴォーカルと、シンプルだけどファンキーなギターがカッコいいヴォーカルのBOSS。

スカスカでファンキーなアレンジが彼らの魅力のひとつ。
それだけじゃなくて泥臭くてキャッチーでコンパクトで、
敷居が高いと思われそうなブルーズはじめルーツ・ミュージックを身近に感じさせてくれるバンド。

なかなかライヴ演らないんだけど、もっと多くの方に聴いてほしいなぁ。


今日の曲はCDリリースおめっ!!
ってコトで。
そのひぐらしのこんな曲。

ちょっと前、彼らの人生の途中でのパフォーマンス。

そのひぐらし 「人生の途中」



気に入っていただけたら、4/16リリースのCD買っちゃいましょ~!!


あらためて。

先日のライヴにお越しいただいた皆さま。

出演していただいた”そのひぐらし”と”BOSS & THE WAILERS”の皆さま。

素晴らしいお店を提供していただいた”BROWN SUGAR”さま。

ココで応援していただいた皆さま。



ありがとうございましたm(__)m



これからも、ぼちぼちライヴ企画してくつもりです。




素晴らしいミュージシャン、シンガーの皆さまの助けを借りながら。





よかったらこれからも一緒に楽しんじゃってみてください^^♪







DEB

開幕戦はアイスタ!! そして昨日今季初勝利!! あと静岡マラソンの話でも。 [S-PULSE]

盛り上がった中学時代の同窓会が開催された土曜日には、もうひとつ大事な用事があって・・・

980.JPG

清水エスパルスの開幕戦。
今年は他に予定もなく仕事も休みのローテーション、でチケットが手に入った!!

ってコトで。
久々のアイスタ日本平へ。

981.JPG

J1復帰の今年、ホームでの開幕戦。
そんなコトでスタジアムは開場前から凄い人々々・・・

mini meと一緒に行った僕は入場の列に並んでたら彼女が飽きちゃうだろうなと思い、
しばらくスタジアムの外で時間潰し^^。

こパルちゃんが、スポンサー様の焼肉弁当を営業してるのを眺めてたり、
(mini meはカワイイを連発してた^^。)

mini meがフェイスペイントをしてもらったり。

983.JPG

そして今年初のかき氷を食べてみたりw

984.JPG

アイスタ特製のキャラメル・ポップコーンを食べてたりww
(コレ、キャラメルの味が濃くて美味いんすよ!!)

mini meはとりあえずゴキゲン。
彼女はサッカーを観に来たというよりも、
キャラに会ったり、スタジアムグルメを買い食いしたりがメインだし^^;

そんな理由でも僕の好きなコトに一緒に来てくれるってのは嬉しいんだけどね。

そして、のんびりとスタジアムへ。

まずは席を確保して・・・

カンパ~イ!!

986.JPG

アイスタの生は”静岡麦酒”^^。


mini meが退屈しないように相手しながらスタジアムを眺めてみたり。
イイっすね、やっぱ、この雰囲気。

いよいよ選手がピッチへ~!!

987.JPG

そのとき、スタンドはオレンジ一色に!!

988.JPG

なんか鳥肌立った^^;

989.JPG

こんな応援メッセージもスタジアムで流れた。
ありがとうJAL!!

https://www.facebook.com/jal.japan/videos/1447101958655797/


mini meの楽しみはハーフタイムのコレ^^w

990.JPG

それでも最後まで楽しんでたようで。
まった一緒にスタジアム行ってもらえそう^^w


さて、試合は・・・

昨年の後半戦2位だった神戸に、0-1と惜敗。
残念ながら祝杯は挙げれなかったけど。

組織的な守備はガッチリと機能してた感じがする。
J2降格の原因は壊滅的な守備崩壊だったから、コレはイイっすね!!
去年のJ2からで築き上げたスタイル。
継続は力なり。
コレで攻撃面が連携できてけば、J1でもそこそこイケるかも!!

悔しかったけど、そんな風に考えてみた。


そしたら、昨日の第2節。
アウェイの広島戦でJ1復帰後初勝利!!

991.jpg

今回は仕事だったんで、テレビで放送されたのを録画して観たんだけど、
やっぱ守備は大崩れしなさそう。
今回の得点はPKでだったんで、あとは流れの中からの得点みたいなぁ。

小林監督のチーム作り素晴らしい!!

992.jpg

まだシーズンは始まったばかりだけど、絶対降格しないように勝ち点積み上げてってほしいっす!!
できれば勝ち試合が少しでも多くなって祝杯イッパイ挙げられるとイイな。

今日の曲はコレ。
初期の清水エスパルスの応援ソングだったんすよ~
永作博美が歌ってる^^;

ribbon 「"S"ENSATIONAL WIND」





そして、今日の静岡マラソン。

ニッキーさんの応援してきたっすよ~!!

ニッキーさんが僕に気付いてくれて笑顔で手を振ってくれた^^。
僕も笑顔で大声で名前叫んじゃった^^;
速かったっすよ~!!

ニッキーさんだけじゃなくて。

先週同窓会でも会った、中学、高校と一緒で最近になってお盆や暮れに飲み歩いてる友人や、
中学の後輩もマラソンに参加してて。
応援できたっつーかお互い気付いて声掛けるコトできた^^。

みんな、すっげ~!!


で、写真は勝っちゃんw

16.JPG



僕は走るの絶対無理だから^^w

来年も応援団してよ~っと。



交通規制とかイロイロ面倒なコトもあるけど。


静岡マラソンとか静岡がもっともっと盛り上がったらイイなと。





ぼかぁココしか知らないし。




終の棲家になりそうなんで^^。





DEB

しぞ~かで・・・ マラソンと、おでん!! [イヴェント]

まずは今度の日曜日。

”静岡マラソン”が開催される!!

っても、僕が出るわけじゃないんす^^w

家の近くがコースなんで毎年応援しに沿道に顔を出してるんす。

今年から↓の地図のようにコースが変更になったんだけど。
今まで以上に家の近くがコースになってるじゃん!!

300.gif

今年は、曽根風呂で仲良くしていただいてる”ニッキー”さんが参加されるんで、
例年以上に応援しちゃおうかなと^^。

5km地点と10km地点の真ん中辺り?
麻機街道沿いにあるローソンの前で mini meと見物する予定。
mini meが退屈したらコンビニで買い食いさせる予定w

コース紹介のVTR。

コースの前半はガキの頃からの行動範囲や実家の近く今の住まいの近所・・・
僕の行動範囲ばっかなんで見てても既視感のある風景ばかり^^;



”静岡マラソン”の公式サイトはコチラ。
http://www.shizuoka-marathon.com/

開催してから毎年、開催当日は雨・・・
今年は天気イイみたい。
ランナーの皆さま(特に遠方から参加される方)に富士山見てもらえるとイイな。


そして次の週末はコレ!!

”静岡(しぞ~か)おでんフェア”

301.jpg

3/10(金)の夜から、3/12(日)の夕刻まで、おまち(繁華街)の青葉シンボルロードで開催される。

毎年すっげ~混むんで早い時間から出かけるのがイイかも。
大丈夫っすよ。
みんな午前中から楽しそうにおでん食べて飲んでるから^^w

僕は土曜日の午前中に楽しんでくるつもりっす!!

”静岡おでんフェア”の公式サイトはコチラ。
しぞ~かおでんの歴史やウンチクも熱く語られてるんで^^。
http://odenfair.com/


今日はこんな曲でも。

ベタに^^;

BRUCE SPRINGSTEEN 「BORN TO RUN」



明日なき暴走-30th Anniversarry Edition(完全生産限定盤)(2DVD付)

明日なき暴走-30th Anniversarry Edition(完全生産限定盤)(2DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/11/25
  • メディア: CD



明日なき暴走(REMASTER)

明日なき暴走(REMASTER)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: CD



だもんで静岡おでん

だもんで静岡おでん

  • 作者: 新井 由己
  • 出版社/メーカー: 静岡新聞社
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 新書



るるぶ静岡 浜名湖 清水 富士山麓 伊豆'17 (国内シリーズ)

るるぶ静岡 浜名湖 清水 富士山麓 伊豆'17 (国内シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2016/10/14
  • メディア: ムック



うめーら静岡B級グルメ

うめーら静岡B級グルメ

  • 作者: (株)しずおかオンライン編集部
  • 出版社/メーカー: しずおかオンライン
  • 発売日: 2011/02/15
  • メディア: ムック



真富士屋 静岡おでん 八千代 460g

真富士屋 静岡おでん 八千代 460g

  • 出版社/メーカー: 真富士屋食品
  • メディア: 食品&飲料




では最後に。

【静岡おでんの五ヶ条】
  一、 黒いスープ。
  二、 串に刺してある。
  三、 黒はんぺんが入っている。
  四、 青海苔、だし粉をかける。
  五、 駄菓子屋にもある。

018.jpg

019.jpg



どう?


美味そうでしょ^^。


ホント、美味いんだから。




おやつに、酒の肴に。


家族みんなで楽しめる しぞ~かの美味いモノ。



あぁ・・・



飲みたくなってきた・・・




って、もう飲んでるけどw





DEB

35年振りの再会^^。 [いわゆるひとつのROCKやPOPS]

いやぁ、東中サイコー!!

35年振りの同窓会、すっげ~盛り上がった^^。

静岡を離れて遠い街に暮らしてる同級生も多いのに、
130名あまりの仲間が集合。
恩師も元気な姿を見せてくれた^^。

990.JPG

首から下げた名札を覗き込みながら、恐る恐る挨拶^^;
そんな風景がアチコチで。
ぎこちない表情が一気に満面の笑みに代わって、握手やハグの嵐。
懐かしさ、再会できた嬉しさ、安堵感・・・
イロイロなモノが会場を包んで、もうココは天国じゃね? みたいな。

旧友ってイイっすね。
まだまだ50歳。
そこまでは老け込んでないけど。

SIMON AND GARFUNKEL 「OLD FRIENDS」



ブックエンド(期間生産限定盤)

ブックエンド(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/12/23
  • メディア: CD



Simon & Garfunkel The Collection

Simon & Garfunkel The Collection

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sonybmg
  • 発売日: 2007/09/10
  • メディア: CD



クラスや部活の仲間と思い出話に花を咲かせて、
気持ちはすっかり中学時代へ。

女子はみんなチャーミングに歳を重ねてて。
男子は立派にオッサンに変身してて。
みんな、すっげ~ステキだった^^。

こんな風に無駄に歳重ねてる野郎も若干1名いたけどw

991.JPG

SIMON AND GARFUNKEL 「ME AND JULIO DOWN BY THE SCHOOLYARD」



セントラルパーク・コンサート [DVD]

セントラルパーク・コンサート [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • メディア: DVD



1次会、2次回でも話足りず(飲み足りず? ^^;)
結局4次会まで!!
解散したのは明け方の4時w
50人も最後までいたんすよ~
どんだけ楽しかったんだって!!

992.JPG

同窓会の余韻、今でも残ってる。
少しだけ気怠さも伴って。
楽し過ぎるとアレっすね^^;

PAUL SIMON 「STILL CRAZY AFTER ALL THESE YEARS」



時の流れに(期間生産限定盤)

時の流れに(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: CD



クラス会やろう!! なんて盛り上がったり。

次の同窓会はいつ? なんて声が早速聞こえてきたり。



また、やろうね!!



幹事の皆さん。

集まってくれた皆さん。

楽しい時間をありがとうございました。



今回会えなかった皆さん。

次は会おうね!!



次は僕も真面目に準備頑張るから。




頑張るの苦手だけど^^;





DEB

中学時代を思いだして^^♪ (邦楽編) [ニッポンの音楽]

中学時代、女子に人気の髪型といえば・・・

015.jpg

パーマ禁止だったんで、ちょっと突っ張ってた子が、真似てたって記憶あるけど^^;

ちなみに僕の中学時代は、
長い丈のスカートに短いレースのソックスが、イカした子たちの制服だった。
短いスカートにルーズソックス好きだけど何か? ^^w

そんなコトで今回は、いよいよ明日(土曜日)に控えた同窓会の前夜祭ってコトで。
当時を懐かしんで、こんな曲たちでも。

1曲目は話の流れでコレ^^♪

松田聖子 「青い珊瑚礁」



「We Love SEIKO」-35thAnniversary松田聖子究極オールタイムベスト50Songs-(初回限定盤A)(3CD+DVD)

「We Love SEIKO」-35thAnniversary松田聖子究極オールタイムベスト50Songs-(初回限定盤A)(3CD+DVD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2015/12/09
  • メディア: CD



くねくね踊る千春は衝撃的だった。
ふさふさな千春も懐かしいw

松山千春 「長い夜」



プラチナムベスト 松山千春 (UHQCD)

プラチナムベスト 松山千春 (UHQCD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: CD



声に圧倒された。
高い方も低い方も。
カッコいい!!

クリスタルキング 「大都会」



ベストコレクション

ベストコレクション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: テイチクエンタテインメント
  • 発売日: 1999/03/25
  • メディア: CD



最後はやっぱテンションが上がるコノ曲。
ヒデキ~~~~~!!

西城秀樹 「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」



西城秀樹 GOLDEN☆BEST

西城秀樹 GOLDEN☆BEST

  • アーティスト: 阿久悠,V.Willis,山崎光,熊野昌人,山川啓介,なかにし礼,小田和正,竜真知子,もんたよしのり,たかたかし
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/12/22
  • メディア: CD



土曜の夜は、中学時代に戻って楽しむぞ~!!


酒は飲むけどw



昼はmini meと清水エスパルスの開幕戦をスタジアムで観戦するし。




いつになく濃密な週末になりそう^^。






DEB