So-net無料ブログ作成
検索選択
映画、映像 ブログトップ
前の5件 | -

『ブルーハーツが聴こえる』 [映画、映像]

だいぶ前に、こんな映画が公開されるって知って。

まだまだ先の話だなぁ・・・
なんて思ってたら。

今週末公開かぁ!!

日数が経つの、アッという間だな。

05.jpg

『ブルーハーツが聴こえる』



どんな映画というと・・・

『ブルーハーツが聴こえる』オフィシャル・サイトより引用。

いまも我々の心に生き続けるうた。
“日本代表”のロックバンドにして、音楽界のスーパー・レジェンド―
その名はTHE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。

1995年に解散した彼らだが、そのシンプルで力強いビート、ストレートで親しみやすいメロディー、
まっすぐ心に響く歌詞は、後続のロックバンドのみならず、
日本のカルチャーシーン全体に多大な影響を与えた。
もちろん以降も世代・時代を超えて、常に新たなファンを増やし続けている。

そんなTHE BLUE HEARTSに衝撃を受けた6人の気鋭監督が、
2015年のバンド結成30周年を機に、奇跡の企画を実現。
監督それぞれが思い入れのある楽曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」
「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」をチョイスして自由な解釈で映像化し、
全力のオマージュを捧げた。それが映画『ブルーハーツが聴こえる』だ。

“いつまで経っても変わらない、そんな物あるだろうか。”
この映画に登場するのは、自分に圧し掛かってきた困難を打破しようと戦う人間ばかり。
そう、THE BLUE HEARTSから「がんばれ!」というメッセージを受け取った私たちのように。
恋愛、友情、家族、青春、喪失と再生。
人生の普遍的な営みや感情の機微を優しく見つめつつ、
明日への一歩をそっと後押しするような珠玉の物語が、名曲とともに描かれる。

主演キャスト陣に尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司が名を連ね、超豪華!
ほかにも東京03の角田晃広、高橋メアリージュン、加藤雅也、西村雅彦、要潤、新井浩文、水原希子、
小池栄子、三浦貴大、E-girlsの石井杏奈ら旬な実力派俳優が脇をかためる。
日本映画界を背負う俳優たちの競演に注目が集まる。
監督には『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の飯塚健、『L -エル-』の下山天、
『ヌイグルマーZ』の井口昇、『呪怨』シリーズの清水崇、CMディレクターの工藤伸一、
『怒り』の李相日ら、人気クリエイター陣が挑む。

コメディー、SF、ラブファンタジー、ヒューマンドラマ……
様々な場所で起こる多彩な人間模様が心の中で連鎖してつながり、やがて大きなうねりとなる。
まるで一枚のコンセプト・アルバムを聴くような贅沢さ。
笑いと涙、誰もが共感できるエモーショナルな喜怒哀楽がたっぷり。

この星で一生懸命に生きている、すべてのあなたに捧げます。

引用ココまで。

コノ映画の発端。
2015年のTHE BLUE HEARTS結成30周年をきっかけにして、
2014年に制作が開始されたみたいだけど、資金難という壁にぶつかってしまったとか。、
そこでクラウドファンディングで劇場公開に必要な資金の一部を募集して作品を完成させたとか。


映画のオフィシャル・サイトはコチラ。
http://tbh-movie.com/


映画の題材になった曲たち。

THE BLUE HEARTS 「ハンマー(48億のブルース)」




THE BLUE HEARTS 「人にやさしく」




THE BLUE HEARTS 「ラブレター」




THE BLUE HEARTS 「少年の詩」




THE BLUE HEARTS 「情熱の薔薇」




”1001”じゃなくて”1000”だけど・・・

THE BLUE HEARTS 「1000のバイオリン」



THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~【完全初回限定生産盤】(3CD+DVD)

THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~【完全初回限定生産盤】(3CD+DVD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2015/02/04
  • メディア: CD



ブルーハーツのブルーレイ① 【Blu-ray】

ブルーハーツのブルーレイ① 【Blu-ray】

  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • メディア: Blu-ray



ブルーハーツのブルーレイ2 [Blu-ray]

ブルーハーツのブルーレイ2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



ブルーハーツが聴こえない HISTORY OF THE BLUE HEARTS [DVD]

ブルーハーツが聴こえない HISTORY OF THE BLUE HEARTS [DVD]

  • 出版社/メーカー: トライエム
  • メディア: DVD



LIVE ALL SOLD OUT

LIVE ALL SOLD OUT

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/02/24
  • メディア: CD




THE BLUE HEARTSの楽曲たち。

僕が出会ったのは若い頃(っても20歳過ぎてたかも^^;)。

その当時、心に響いたのはモチロンだけど。

オッサンになった今でも。

いや、もしかしたら当時よりもっと。


グググググッ って心に響いたるかも。



僕が成長していないのか。


THE BLUE HEARTSの曲が世代を超えた普遍的な存在なのか。



ドッチかは解んないけど・・・




彼らの楽曲こそが・・・




”いつまで経っても変わらない”



そんなモノなのかもしれないなぁ。




あるじゃん!!





そんなモノ^^♪





DEB

nice!(74)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ホリデー・シーズンのサプライズ ^^。 [映画、映像]

こんな風にセニョリータからクリスマス・プレゼントもらえたらサイコーっすね!!

960.jpg

こんなサンタからプレゼントもらえてもサイコー!!

961.jpg

言うのは勝手なんで言ってみたw

では本題。

今日は僕には似合わない動画を紹介。

って、blog書いてるぐらいネットに精通してる皆さんなんで、
すでにご存知かもしれないけど^^;


最初はコレ。


カナダのカルガリーを拠点とする航空会社”WESTJET”が企てたサプライズ。



出発する街で欲しいモノをサンタクロースに話したら、
到着した街で・・・ !!

スタッフが楽しそうなのもサイコーっすね^^。
このサプライズを体験できた乗客のみんなの喜びを分かち合う感覚もイイな♪

「企業の好感度アップのための~」
なんて冷静に切り捨てちゃえば、ソレで終わっちゃうんだけど^^;
だからと言って、ココまでのコトって簡単にはできないっすよね。

単純な僕は↑の動画見てワクワクしてたw


こちらは、その翌年、2014年に同社がドミニカ共和国で開催したクリスマス・イヴェント。



助演男優賞は、”馬”かな? ^^w


ミシガン州のローウェル警察が決行した悪戯。
(マサチューセッツ州のローウェルじゃないっすよ^^;)



ローウェル警察のある警官が雪の降るアル日・・・

違反があるとは思えないドライバーを、
些細な交通違反を犯したとして停車させる。

不満顔なドライバーに対して、
警官は違反切符を書くふりをしながら、世間話のどさくさ紛れに、
ドライバー自身や子どもたちがクリスマス・プレゼントとして欲しいモノを訊きだした。

そして、ソノ会話を無線で聴いてた仲間が商品を調達。
仲間が持ってきたブツを違反切符の代わりにドライバーに渡して・・・ ^^。

コッチもイロイロ批判もあったようだけど。
まぁ、嬉しいっすよね。

こういう粋な悪戯に文句付けるのは野暮だと思うんすよ個人的に。
ソレがパフォーマンスの類いだとしても。
自分がこういう場面に遭遇したときに、その場で拒否できるぐらいの気持ちがあればソレもアリだけど。
なんつって^^。



では今日の美女。

962.jpg

みんな嬉しそうっすね。

963.jpg

何もらったのかなぁ?

964.jpg

こんな嬉しそうな表情してる美女眺めてるだけでも、ぼかぁ幸せっすw

965.jpg


で、せっかくなら。

こんなプレゼントがイイなと。

966.jpg

ココへ遊びに来てくれる殿方の気持ちを代弁w

967.jpg


そうそう。


”OH MY GOD”

”ARE YOU KIDDING ME ?”

”IS IT JOKING ?”

”NO WAY”


ポジティヴな意味でこんな言葉って、


映画の中ぐらいで、あんま聴いたコトなかったけど。


それぐらい、あり得ないコトなんすね。




それから、



”MERRY CHRISTMAS”って。




イイ言葉だね。







DEB

nice!(101)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『AUSTIN TO BOSTON (オースティン発ボストン行き~音楽で綴るロード・トリップ)』 [映画、映像]

ちょっと前に記事にしたキース・リチャーズのドキュメンタリー映画を観るために加入したNETFLIX。
今は無料期間だけど、せっかくだから何か観てみようと思いアレコレ探してみたら・・・

ちょっと気になる映画があったんで観てみた。

コレ。

『AUSTIN TO BOSTON (オースティン発ボストン行き~音楽で綴るロード・トリップ)』

010.jpg

5台の古いフォルクスワーゲンのバンに乗り込んだ4組のバンドが、
3,000マイルの距離を2週間かけて走りながらジョイント・ツアーを敢行した様子をカメラに収めた作品。

011.jpg

ロード・ムーヴィーというのか、ドキュメンタリーというのか。
旅にはアコースティックなサウンドが合うなぁなんて。

012.jpg

予告編 その1




予告編 その2



2012年3月。
テキサス州オースティンで毎年開催されてる、
音楽祭、映画祭、インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント。
サウス・バイ・サウスウエスト(South by Southwest、SXSW)。

テキサス州の州都であるオースティンの街全体が会場になるぐらい規模がデカいみたい。
もともとは1987年の音楽祭からスタートしたんすよね。
ココがきっかけでノラ・ジョーンズがメジャーになったり、
今年はPerfumeがライヴを披露して世界中にストリーミングで生配信されたり。

そんなSXSWでのライヴを皮切りに、マサチューセッツ州ボストンを目指した。
”COMMUNION presents THE AUSTIN TO BOSTON TOUR”

013.jpg

このツアーの記録がこの作品。

移動距離考えると、かなりハードなツアーっすね。

March 15-18 Austin, TX SXSW Communion Shows
March 19 Oklahoma City, OK The Blue Door
March 21 Kansas City, MO The Record Bar
March 22 Minneapolis, MN Varsity Theater
March 23 Evanston, IL SPACE
March 24 St. Louis, MO Old Rock House
March 25 Nashville, TN The Basement
March 27 Philadelphia, PA World Café Live
March 29 New York, NY The Mercury Lounge
March 30 Woodstock, NY Bearsville Theater
March 31 Boston, MA The Red Room @ Café 939

014.jpg

古いバンという狭い空間に毎日顔を突き合わせる日々。
楽しいコトばかりじゃないんだろうけど。

015.jpg

作品を通して感じた空気が心地良くて。
最初から最後まで笑いながら観てた。

16.jpg

意識してのコトだろうけど、
ちょい粗めの画質。
ソレもイイ感じ。
キレイ過ぎる画質にはリアリティを感じられないオッサンなんで^^;

019.jpg

決してライヴ自体がメインじゃなくて、
ツアー全体の非日常な日常を追っている作品。

017.jpg

ステージ以外でも楽器を弾いたり歌ったり。
そんなシーンも多くて、なんか一緒に旅したくなったり^^;

018.jpg

僕は楽しく観れた作品だった。

020.jpg


恥ずかしながら、この映画に出てたミュージシャンは誰一人知らなかったんだけど^^;
しっかり聴いてみたいなぁと思うのもあったなぁ。

ツアーしてたのは以下の4バンド。

BEN HOWARD & HIS BAND

021.JPG

 イギリス、ロンドン出身のシンガー・ソングライター。
 2013年のブリット・アワーズで”最優秀新人賞”と”最優秀男性ソロ・アーティスト賞”の2冠を獲ってるんすね。
 全く知らなかった^^;

 ちなみに彼のバンドでベース弾いたりドラム叩いてるセニョリータ、
 INDIA BOURNEが気になってる僕っす^^w

022.jpg

Every Kingdom

Every Kingdom

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Republic
  • 発売日: 2012/04/03
  • メディア: CD



I Forget Where We Were

I Forget Where We Were

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Republic
  • 発売日: 2014/10/21
  • メディア: CD



THE STAVES

023.jpg

 イギリス、ワトフォード出身の3姉妹のアコースティック・トリオ。
 美しいハーモニー聴き惚れてしまう。
 ルックスもステキ^^;

If I Was

If I Was

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Nonesuch
  • 発売日: 2015/03/31
  • メディア: CD



Dead & Born & Grown

Dead & Born & Grown

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic
  • 発売日: 2013/03/19
  • メディア: CD



Blood I Bled Ep

Blood I Bled Ep

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2014/11/04
  • メディア: CD



Dead & Born & Grown & Live

Dead & Born & Grown & Live

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2013/07/16
  • メディア: CD



NATHANIEL RATELIFF

024.jpg

 アメリカ、デンバー出身のシンガー・ソングライター。

Nathaniel Rateliff & the Night

Nathaniel Rateliff & the Night

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fantasy
  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: CD



Falling Faster Than You Can Run

Falling Faster Than You Can Run

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Mod Y VI Records
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: CD



BEAR'S DEN

025.jpg

 イギリス、ロンドン出身のフォーク・バンド。

Islands

Islands

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Communion
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: CD



Within/Without

Within/Without

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Communion Records
  • 発売日: 2014/03/03
  • メディア: CD



Agape

Agape

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Communion Records
  • 発売日: 2013/10/15
  • メディア: CD



偶然、イイ音楽に出会えたときって嬉しいっすよね!!


映画としてもイイなって思ったし。


なんか得した気分^^。



僕もまたライヴ演りたくなってしまった^^;





旅には出れないけど。





DEB

nice!(92)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『イニシエーション・ラブ』と1980年代の静岡 [映画、映像]

僕はまだ映画観てないけど^^;

大ヒットしてるみたいっすね、映画『イニシエーション・ラブ』。

031.jpg

僕が、コノ手の映画を取り上げるって意外?
いや、自分でも意外なんだけど^^;

静岡と東京を舞台にした小説が原作のコノ映画ってコトで、
静岡でもロケあったみたいっすね。

地元の静鉄でもラッピング電車を走らせたりして盛り上げようとしてる。
(ガッツリとラッピングはされてないけど)

033.jpg

主役の2人も来静してセレモニーやったみたいだし。

032.jpg

静岡市や静岡商工会議所、静岡観光コンベンション協会などでつくる「市フィルムサポーターズ」は、
”『イニシエーション・ラブ』 静岡市 ロケ地マップ”なるモノを作って観光客誘致に繋げようとしてる模様。

034.JPG

見開きのリーフレットで、写真と地図でロケ地を紹介してる。
って、地元に住んでる僕がもらってきてどーする? って話だけど^^;

035.JPG

コレは静岡に来ないと手に入れられないけど、
ネット上でロケ地を紹介した記事があるんで、コチラでも楽しめる。

静岡にご縁のある方は、懐かしい場所があったりして。
ご縁のない方は、静岡ってこんなトコなんだぁ、ってな感じで。

以下のリンクで、どうぞ。

『イニシエーション・ラブ』徹底分析 
小説の舞台と映画ロケ地を歩いてみた

http://hon.bunshun.jp/articles/-/3698


映画のオフィシャル・サイトはコチラ。
制作日誌の中でも静岡ロケについて少し触れられてる。

http://www.ilovetakkun.com/


皆さんご存知だと思うけど、
『イニシエーション・ラブ』の原作は大ヒットした小説。

イニシエーション・ラブ<特別限定版> (ミステリー・リーグ)

イニシエーション・ラブ<特別限定版> (ミステリー・リーグ)

  • 作者: 乾 くるみ
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2015/03/20
  • メディア: 単行本



イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

  • 作者: 乾 くるみ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/04/10
  • メディア: 文庫



著者の乾くるみは、1963年、静岡県生まれなんすね。
で、静岡大学理学部数学科卒業なんだ。
学部は違うけど僕の3学年先輩になる。

当時、大谷のキャンパスや静岡の”おまち”で見てた風景は、ほぼ同じなんだろうな。

と言っても、僕はあまり大学行かずにバイトして遊んでたけど^^;

そんな訳で、僕がイチバン気になってるのは、
映画の中で1980年代後半の静岡がどんな風に描かれてるのかってコトだったりして。
すっげ~邪道な観方だろうけど^^;



そうそう。

小説の目次は・・・

【目次】
Side-A
1 揺れるまなざし
2 君は 1000%
3 YES-NO
4 Lucky Chanceをもう一度
5 愛のメモリー
6 君だけに

side-B
1 木綿のハンカチーフ
2 DANCE
3 夏をあきらめて
4 心の色
5 ルビーの指輪
6 SHOW ME

てな具合に、Side-A(静岡編)とSide-B(東京編)の大きく2つに分かれてるんすよね。
そして各章のタイトルが当時のヒット曲のタイトルになっている。

LPレコードみたいな章立ても1980年代っぽいっすよね~

映画の中でも当時の曲が使われてるみたいだし、
映画公開と連動して、こんなCDもリリースされたみたい。

イニシエーション・ラブ -あの頃カーステから流れていた80'S BEST HITS-

イニシエーション・ラブ -あの頃カーステから流れていた80'S BEST HITS-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: CD





そういや、アノ頃。
日焼けしたように見せる”ブロンザー”なんてメンズ・コスメもあったような。

しげるの黒さはホンモノっすね^^w



”プレスホテル”
”ちきん亭グループ”
”ファイブダラー”
”サムライ”
”ギゼ”
”キサナドゥ”
”ジロー”
”サーカスタウン”
”モッキンバード”
”バンドワゴン”
”ニューキラク”
”バルビゾン”
”ジガー・バー”
”スポーツプラザホテルのビアガーデン(のビキニのウェイトレス)”
”あまから亭”
”さぼおる”
”あんと”
”シシリア”
”グリーンハウス”
”ダイナー”


そんな店の名前聞いて懐かしく感じる方いる?


かなりローカルなネタだけど^^;



忘れてた!!



1980年代後半の静岡を代表する人といえば・・・



036.jpg



だったりして^^w





DEB

タグ:映画 静岡
nice!(80)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『カミハテ商店』 アルマティ国際映画祭(カザフスタン)最優秀作品賞受賞!! [映画、映像]

タツヤ、おめでとう!!

コノ映画が上映を始めた頃、
さんざん宣伝させていただいたんで。

9912.jpg

僕の記事を読んで映画館へ脚を運んでいただいた方もいらっしゃったみたいだし。
(ありがとう^^)
報告ってコトで。

僕の高校の同期の山本起也君。
彼は映画監督を生業としてるんだけど。
彼が作った映画(彼に撮って初めてのストーリー物でもある)、
高橋惠子さんが久しぶりに主演して、スクリーンで静かだけど圧倒的な存在感を表現してくれた作品。
タツヤに理不尽wに怒られてる京都造形芸術大学映画学科のみなさんがキッカケを作った物語。

『カミハテ商店』が、
カザフスタンは、アルマトイ(サッカー好きにはコノ呼び方が馴染んでるんだよね^^;)で開催された、
第11回アルマティ国際映画祭(Almaty International Film Festival)で素晴らしい賞をいただいた。

9913.jpg

記事のタイトルでバレバレなんだけどw

詳しくはコチラで。

プレスリリースを引用。

高橋惠子が23年ぶりに映画主演を果たした『カミハテ商店』(全国順次公開中)が、
5月31日から6月4日までカザフスタンの最大都市アルマティで開催された、
第11回アルマティ国際映画祭(Almaty International Film Festival)で
[インターナショナルコンペティション部門]にノミネートされ、
見事[デビュー部門]の長編劇映画最優秀作品賞を受賞した。

映画『カミハテ商店』が、
第11回アルマティ国際映画(会期:5/31-6/4)の長編劇映画デビュー部門のコンペティションに選出され、
主演の高橋惠子、山本起也監督が映画祭に参加。
アルマティ国際映画祭は若手クリエーターの活動を支援し、機会を提供することを目的にした映画祭。
今回ドイツ、スペイン、イタリア、中国など32ヵ国、合計980本の中から選ばれた55本の作品が賞を競った。
コンペティション部門では、デビュー部門、若手部門、学生部門、アニメーション部門があり、
『カミハテ商店』はデビュー部門の6作品の中、見事、長編劇映画最優秀作品賞を受賞した。
グランプリはイラン映画『Daughter…Father…Daughter』(監督Panahbarkhoda Rezaee)。
本作は、島根県の全面協力のもと、
京都造形芸術大学学生と第一線のプロのスタッフ・キャストがタッグを組み制作した北白川派映画の第3弾。いつしか自殺の名所となった断崖絶壁の傍で寂れた商店を営む主人公の目を通し、
人間の死生観への真意をなげかける濃厚な人間ドラマ。
共演に寺島進。
『カミハテ商店』は昨年、11月に東京を皮切りにスタートし、
現在全国順次公開中。6月8日(土)より横浜
シネマジャック&ベティでの上映が控えている。

【北白川派(北白川派映画芸術運動)】…
映画を通して新たな芸術運動のを上げるために、
京都造形芸術大学映画学科から立ち上がった一大プロジェクト。
映画学科が一丸となり
その全機能を駆使しながらプロと学生が共同で毎年一本の劇場公開作品を完成させて発表。
第2弾作品からは配給・宣伝にも学生が参加している。
第1弾作品:木村威夫監督『黄金花 秘すれば花、死すれば蝶』(08年公開 主演:原田芳雄・松坂慶子)
第2弾作品:高橋伴明監督『MADE IN JAPAN こらッ!』(11年公開 主演:松田美由紀)
第3弾作品:山本起也監督『カミハテ商店』(12年秋公開 主演:高橋惠子・寺島進)
第4弾作品:林海象監督『彌勒 MIROKU』(13年夏公開 主演:永瀬正敏・井浦新)
第5弾作品:福岡芳穂監督『正しく生きる-OVER THE RAINBOW-(仮題)』
                               (14年夏公開予定 主演:岸辺一徳・柄本明)

引用ココまで。

色男の雄姿でも^^。
惠子さんはいつも美しいっすね♪
監督のスーツ姿・・・
さすがにTシャツじゃないかw
似合ってるよ^^。
日の丸が眩しくて嬉しいのは僕だけ?

9914.jpg

スピーチ中かな?

9915.jpg

僕は左端のネイビーのドレスのブロンド美女が気になるんだけどww


賞をとったから言うわけじゃないけど、
『カミハテ商店』、素晴らしい作品っす。



静岡で上映したのが、今年の1月の初旬。
映画に感動したのはもちろんだけど。
監督の友人だというコトで、上映会の打ち上げにまで呼んでもらえて、
すっげー楽しい時間を分けてもらえた。

あれから、もう半年・・・
はやっ^^;

そんな今も『カミハテ商店』は地道に全国で上映してる。
大きな資本が入った作品みたいに派手なロードショーはできないけど。
みなさんの声に支えられて、イロイロな街でみなさんの来場を待ってるはず。

上映予定は映画のオフィシャル・サイトでご確認を。

http://www.kitashira.com/

これからも全国のイロイロな街で、
『カミハテ商店』が上映されて。

みなさんが劇場に足を運んでいただけたらなぁって思う。


山本監督、出演者のみなさま、制作、配給、上映に尽力されたスタッフのみなさま。

おめでとうございます!!

『カミハテ商店』のさらなる飛躍。

そして、みなさまの今後のご活躍。

みなさんにイイコトがありますように^^。


『ツヒノスミカ』



コレもイイ映画。
監督の祖母を撮ったドキュメンタリー作品だけど。


静岡市で暮らしたコトある方にはなんとも言えない風景もちらほら。



イイんだコレが。






DEB

nice!(87)  コメント(58)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - 映画、映像 ブログトップ