So-net無料ブログ作成
BRUCE SPRINGSTEEN ブログトップ

『SPRINGSTEEN & I』 BRUCE SPRINGSTEENの映画が1日だけ公開されるって!! [BRUCE SPRINGSTEEN]

こんな映画があるなんて!!

観て~っす!!

『SPRINGSTEEN & I』

9760.jpg

『SPRINGSTEEN & I』 予告編



観たい!! (しつこい^^;)

9761.jpg

どんな映画かというと・・・

以下、『HIGH-HOPES管理人のひとりごと』より引用。

ブルース・スプリングスティーンのファンのために、
ファンによって作られた映画『SPRINGSTEEN & I』が全世界同時公開!
遂に日本での公開も決定!
7月23日(火)全国21か所のワーナー・マイカル・シネマズでたった一夜だけの限定上映が決定!

9764.jpg

『SPRINGSTEEN & I』

9762.jpg

この作品は、ブルース・スプリングスティーンというアーティストが、
「なぜ40年以上にも渡りここまで世界中のファンから信頼され愛され続けるのか?」、
そして「なぜあらゆる人々から親しみを込めて“BOSS”と呼ばれるのか?」がわかる映画となっている。
ブルース・スプリングスティーンとファンの「絆」を描き、
彼の最大の魅力であるライヴ映像を散りばめ、
ブルース・スプリングスティーンという類稀なるロック・アーティストの素晴らしさと、
彼が作りあげてきた一つ一つの音楽が
いかに多くの人々の人生のサウンドトラックとなってきかもわかるはずだ。

9763.png

以下映画詳細 

『SPRINGSTEEN & I』 世界各国の映画館で一斉上映

ドキュメンタリー映画『SPRINGSTEEN & I』が
2013年7月22日(日本では23日火曜日)に世界各国の映画館で上映されます。
この映画はArts Alliance Mediaが独占的に配信する、全世界一斉公開の壮大な上映イベントです。『SPRINGSTEEN & I』はファンによりファンのために作られた映像イベントで、
スプリングスティーンの長きに渡るキャリアの中で最も愛された曲と
初出となる伝説的なパフォーマンスで構成されています。
スプリングスティーン、そして彼のマネジメントやレーベル会社の全面協力のもと、
リドリー・スコット・アソシエイツとウォルフ氏が共同製作したこれまでにないミュージックドキュメンタリーです。

『SPRINGSTEEN & I』は高い評価を受けたスコット・フリー・ロンドン製作の映画
『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』から着想を得ました。
製作はリドリー・スコット・アソシエイツの製作会社スコット・フリーとブラック・ドッグ・フィルムズで、
監督はベイリー・ウォルシュ(2008年のダニエル・クレイグ主演『フラッシュバック』を監督)、
製作総指揮はリドリー・スコットです。
スプリングスティーンのチームからは未公開の保管映像やコンサート映像などが提供されています。

リドリー・スコットは「この見事に仕上がった映画を通して、
人々はあるレコーディング・アーティストと彼の音楽に深く関わる人たちとの
強い絆について知ることができるだろう」といいます。
絶大な影響力を持ち続けたキャリアの中で、
今年はスプリングスティーンのデビューアルバム『アズベリー・パークからの挨拶』の40周年であり、
2014年は大ヒットロックアルバム『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』の発表から30年目にあたります。
現在、スプリングスティーンは5月から7月にかけて、
『レッキング・ボール』世界ツアーの一環として、Eストリート・バンドと共に34にのぼる欧州公演の真最中。

ブルース・スプリングスティーンは、40年前にロックシーンに飛び込み、それを永遠に変えてしまいました。
世界中で1億2000万枚以上のアルバムを売り上げ、
20のグラミー賞を含む数々の賞も受賞しているスプリングスティーンは、
まさに一時代を築いた存在です。彼の曲の背後には、
それと共に生きてきたファンたちの素晴らしい物語があります。
この映画をご覧になれば、ブルース・スプリングスティーンが一体どのようにして、
あれほどまでに多くの人々の人生のサウンドトラックとなったかがきっと分かるはずです。

引用ココまで。

こういうニュースを読んだり、予告編みただけなんで正確じゃないかもしれないけど・・・

最近ミュージシャンのドキュメンタリー映画がイロイロと制作され上映されてるけど、
ココまでというか、ほとんどというか、
ファン目線に立って作られた作品はないんじゃないんだろうか?

ブルースらしいと言えばらしいんだけど。
なんたって、ライヴのあとファンに声を掛けられて、
そのままファンの家に晩飯喰いに行っちゃうブルースなんでw

↑ 今ほどのスーパースターじゃなかったけど、
アメリカでツアーやったらアリーナをフルハウスにできるぐらい人気があった頃のエピソードだと記憶してる。

そんなブルースだから、
ファンも(勝手にw)身近な存在だと感じてるだろうし、
ブルースもそんな気持ちを裏切らないんだよね。

この映画で多くのファンが熱くブルースについて語ってるの見たら、
僕も思いっきり感情移入しちゃいそうだぁ^^;

日本でも7月23日に1日だけ特別上映やるんだよね。

日本語版 予告



詳しくはコチラのサイトで。
http://www.aeoncinema.com/springsteen/

上映劇場少な過ぎだろっ!!
静岡ではやらないし・・・

観に行ける方が羨ましい。
っても、ブルースは日本だとあまり人気ないからなぁ^^;

ブルースって今さら・・・
なんてみなさんには、
まずはコレ聴いてみて欲しいんだけど。
名盤揃いの初期の格安CD BOX SET。

Bruce Springsteen The Collection 1973-84

Bruce Springsteen The Collection 1973-84

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony UK
  • 発売日: 2010/08/17
  • メディア: CD



彼の一挙手一投足がニュースになる欧米なんかだと、それなりに盛り上がってるみたいで、
ファンが自分とブルースのコトを楽しそうに語ったエピソードを投稿してるみたい。





そして、こんなファンもwww



歌う方も歌う方だけど、
歌わせる方も^^♪


どんなエピソードが飛び出すのか?

どんな演奏シーンが飛び出すのか?

すっげー興味津々。

ソフト化希望っす!!



ブルースと僕・・・

って特にコレってないけど。


僕が1度だけ観たブルースは1985年の初来日公演。


こんときは豆粒ぐらいにしかブルース見えなかったけど・・・



それでもライヴ観れてサイコーな気分だったなぁ♪



そんな僕だから、




この映画観たら、なんか幸せな気分になれそうなんだけどw





DEB

nice!(93)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BRUCE SPRINGSTEENの新譜が3月にリリース♪ [BRUCE SPRINGSTEEN]

相変わらず僕の体重以上に重い曽根風呂・・・w

夕べも訪問に時間かかりましたわ~orz
みざさんへの訪問やレスは大切なコミュニケーションで僕も楽しんでるんで、
時間の浪費とは全然思わないんだけど。
これだけ(blog本体の)レスポンスが悪いと時間がもったいなく感じて・・・

そんな中、
僕のアイドルであるブルース・スプリングスティーンの呟きを何気なく見てたら、
英語で(当たり前w)、
”Coming March 6, new album WRECKING BALL. ”
って呟いてるのを発見してしまった。

新譜!?
3月!?

リンクからオフィシャル・サイトへ飛んだら、
いきなりトップはこんな写真!!

z9901.jpg

ブルースのオフィシャル・サイト(日本語版)より引用。

ブルース・スプリングスティーンのNew Studio Album
『WRECKING BALL / レッキング・ボール』 発売決定!

2009年の『WORKING ON A DREAM』に続く、
3年ぶり通算17枚目となるスタジオアルバムで11曲のニュー・スタジオ・レコーディングを収録。
限定盤スペシャル・エディションには更に2曲のボーナストラックを収録
+特別版のみのアートワークと写真が使用される。
プロデュースはロン・アニエッロとブルース・スプリングスティーンで、
ジョン・ランダウがエクゼクティヴ・プロデューサーを務めた。
これまでのライヴでも演奏されていたタイトルトラック「WRECKING BALL」を始め、
99年のEストリート・バンド再結成以来、
バンドのテーマ曲的にファンからも愛され続けている
「Land of Hope and Dreams」が初めてスタジオ・テイクで録音され初収録!

ファースト・シングルは「We Take Care of Our Own」。
これぞスプリングスティーン!的なサウンド。
“We Take Care of Our Own” “Wherever this flag's flown”
(「自分たちの面倒は自分たちでみるんだ、この旗がどこになびいていようが」)
というリフレインが印象的なナンバー。

長年のマネジャー、ジョン・ランダウは語る。
「ブルースはできるかぎり深くまで掘り下げ、現代生活を映し出す作品を創り出した。
その歌詞は他のどこでも聞くことのできない物語を語り、音楽は彼にとって近年で最も革新的だ。
そのソングライティングは彼のキャリアの中でも最高のものに挙げられる。
ベテランのファンとブルースを初めて聴く人たちのどちらもが
「レッキング・ボール」に大好きになるたくさんのことを見つけるだろう」。

ブルース・スプリングスティーンはサウス・バイ・サウスウェスト2012に基調講演者として出演する。
ブルース・スプリングスティーンとEストリート・バンドは2012に合衆国と欧州を回る大規模なツアーを行う。
欧州ツアーの日程は www.brucespringsteen.net で既に発表されている。

引用ここまで。


ビックリだよ。
嬉しいビックリだけど。

去年クラレンスが旅立っちゃったから・・・
こんなに早く新譜が聴けるなんて思ってなかった。

こんなジャケットらしい。

z9902.jpg

タイトル・チューンは既にライヴではお馴染の曲だって。
最近チェックしてなかったから僕は初めて聴いたんだけどw

z9903.jpg



そして、このアルバムからのファースト・シングルの「We Take Care of Our Own」。

z9904.jpg

↑にも書いてあるようにオフィシャルな形でYouTubeに楽曲がアップされている。



なんかね・・・

すっげー楽しみ!!

どんな作品だろうと聴くもんね。

気に入らなかったら文句言いながら聴くw
ソレが憧れのミュージシャンとの付き合い方なんでww

アメリカでは3月6日にリリースされる。

まだAmazonにはアメリカ盤しか出てないんで。

通常盤。
紙ジャケらしい。

Wrecking Ball

Wrecking Ball

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2012/03/06
  • メディア: CD


それにしても安っ!!
円高の恩恵だね。

収録曲はこんなん。

01.We Take Care of Our Own
02.Easy Money
03.Shackled and Drawn
04.Jack of All Trades
05.Death to My Hometown
06.This Depression
07.Wrecking Ball
08.You've Got It
09.Rocky Ground
10.Land of Hope and Dreams
11.We Are Alive

1999年のEストリート・バンドとの再結成以来、
バンドのテーマ曲みたいになっている「Land of Hope and Dreams」が収録されているのは嬉しい。




同時にリリースされる”スペシャル・エディション”には、
ボーナス・トラックが2曲収録されてる。

Wrecking Ball

Wrecking Ball

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2012/03/06
  • メディア: CD


その中の1曲は、最近のライヴではアンコールでの定番曲である曲、
「アメリカン・ランド」♪



コレは聴きたい!!

スペシャル・エディションは特別なアート・ワークのデジブック仕様らしいし。
(少し大判になるらしい。)

ライナーノーツとかも楽しみなんで、
僕は3月21日リリース予定の国内盤のスペシャル・エディションを買うつもり。

あと2ヶ月かぁ・・・

アッという間だなw


アメリカやヨーロッパでは大ニュースになりそうだけど、
日本ではぶっちゃけブルースって知名度も人気もファンが思っている以上にないから・・・orz
イマイチ盛り上がらないんだろうな・・・


勝手に盛り上がってやるもんねww





DEB

nice!(85)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
BRUCE SPRINGSTEEN ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。