So-net無料ブログ作成
検索選択
THE ROLLING STONES ブログトップ
前の5件 | -

THE ROLLING STONES (ザ・ローリング・ストーンズ)  LIVE@CUBA & 新譜リリース!! [THE ROLLING STONES]

オバマ大統領の来訪より、
コッチの方が気になってた^^;

032.jpg

”ザ・ローリング・ストーンズ、キューバで初公演 ファン熱狂”



人、人、人・・・

033.jpg

50万人が1ヶ所に集まるって、想像できない^^;
ライヴ観るとか音楽聴くとかじゃなくて、大騒ぎしてお祭り気分だなコリャ。

034.jpg

キューバのライヴの動画でも。




そんな歴史的なライヴのセット・リスト。

035.jpg

・Jumpin’ Jack Flash
・It’s Only Rock ‘N’ Roll (But I Like It)
・Tumbling Dice
・Out Of Control
・All Down The Line 〈Song vote winner〉
・Angie
・Paint It Black
・Honky Tonk Women - Band Introductions
・You Got The Silver (Keith Richards on lead vocals)
・Before They Make Me Run (Keith Richards on lead vocals)
・Midnight Rambler
・Miss You
・Gimme Shelter
・Start Me Up
・Sympathy For The Devil
Brown Sugar
ENCORE
・You Can’t Always Get You Want
・(I Can’t Get No) Satisfaction

意外とオーソドックスっすね。

それにしても最初に来日した頃から比べたら、
だいぶ演奏する曲数少なくなったすね。

もうお爺ちゃんだもんなぁ^^;
それでも、コレだけ演っちゃうってのは凄いけど。

僕なんて30分演たらヘロヘロ。
って、僕と比べるなって?
すんませんm(__)m


あと。
キースのヴォーカル曲がない・・・
コレはショックだなぁ。
(僕の勘違いでした^^;
 今日セット・リスト見直したら2曲、それも僕の好きな曲歌ってた。
 記事内にコピペしたセット・リストに漏れてたっす^^;)


そして、もうひとつ。
こんなニュースが♪

”ザ・ローリング・ストーンズ、歴史的キューバ公演当日に最新作リリース発表”

036.jpg

詳しくはコチラのリンクで。
http://www.barks.jp/news/?id=1000125571

またイロイロな種類をリリースするんすね。
Tシャツいらないから、音と映像だけコンプリートのセットがリリースされたらイイのになぁ。



















また、アーカイヴ物なんすけどね。


早く完全に新曲だけの新譜が聴きたいっ!!



まぁ、『ストリップド』の路線は好きなサウンドなんで。




なんだかんだで楽しみなんすけどね^^♪






DEB

nice!(93)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE ROLLING STONES (ザ・ローリング・ストーンズ) To Play Free Concert in CUBA [THE ROLLING STONES]

いつも朝飯喰いながら、NHKのニュースを見てるんだけど、
水曜日の朝、テレビをつけたら突然”ストーンズ”ってアナウンサーが言ってて。

なんのこっちゃ?
って思ったら、こんなニュースだった。

011.jpg

というわけで、”NHK NEWS WEB”より引用。

ザ・ローリング・ストーンズ 今月キューバで初公演へ

イギリスのロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズが今月、
キューバの首都ハバナで初めてのコンサートを行うと発表し、去年、アメリカとの国交を回復した
キューバと欧米との関係改善を印象づけるものとして注目が集まっています。
イギリスのロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズは1日、公式ホームページで
今月25日にキューバの首都ハバナで初めての無料の野外コンサートを行うと発表しました。

ザ・ローリング・ストーンズは
「長いキャリアのなかで、多くの特別な場所で演奏をしてきたが、
ハバナでの公演はわれわれやキューバの友人にとって画期的な出来事になる」
とコメントしています。

アメリカとキューバは去年7月、途絶えていた国交を54年ぶりに回復しており、
オバマ大統領は、これに先立つ今月21日から2日間の日程でキューバを訪れる予定です。
キューバでは1959年の社会主義革命以降、欧米のロックグループがコンサートを開くのは異例のことで、
アメリカのメディアは「欧米文化の受け入れ拡大に向けた一歩だ」などと大きく報じており、
キューバと欧米との関係改善を印象づけるものとして注目が集まっています。

引用ココまで。

こういうの好きそうっすもんね、ミック社長^^;

直前まで中南米ツアーを絶賛開催中なんで、
かなり前から決まってたんだろうな、きっと。
ってか、決まってないと動けないっすよね。

なんて揶揄してみたくなるもんだけど。

こんな場に相応しいミュージシャンが、
彼ら、ザ・ローリング・ストーンズなんすよね。

永遠のロックンローラーでもあり、ブルーズマンでもあるし、
そしてサイコーのエンターテイナー。

フィデル・カストロ、チェ・ゲバラが中心となったキューバ革命が成功したのが1959年。
そして、世界が核戦争の勃発を覚悟したキューバ危機は1962年の出来事。
そんな1962年に結成されて今のバンドの原型ができあがったのが、ザ・ローリング・ストーンズ。

そんなコトも今回のライヴが開催される理由なのかな?

それにしても・・・
ROCKも歴史の一部にしっかりなってるんすね。

1966年生まれの僕なんで、ROCKの黎明期や、
”黄金の”と俗に言われる1960年代、70年代の音楽はほぼ後追い^^;
そんな僕だけど、若い頃(1980年代)は、
まだ”Don't trust anyone over thirty”なんて言葉がなんとなく生きてたような気がするんだけど。
最近は歳重ねてカッコいいミュージシャン多いもんなぁ。
嬉しいっすけどね。

そんな代表格が彼らストーンズだと思うんで、
やっぱピッタリなキャスティングなんだよね。

どんな選曲で、どんなライヴ演ってくれるのか楽しみ。

では、最近のツアーの様子でも。



ちなみに、このハバナで行われるライヴ。
過去にワン・ダイレクションやアデル、コールドプレイなどのライブを撮影した実績を持つ
ポール・ダグデール監督が撮影する予定みたいっすね。

今までのライヴみたいに。




ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト コレクターズBOX (完全限定生産) [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト コレクターズBOX (完全限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: DVD


















レディース・アンド・ジェントルメン [DVD]

レディース・アンド・ジェントルメン [DVD]

  • 出版社/メーカー: WHD ENTERTAINMENT(V)(D)
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD





コレにまたひとつ作品が加わるんすよ、きっと。



でもって、キューバ・ライヴ開催記念グッズもすっげ~売るんだろうなw



イロイロと物欲が刺激されそうねイヴェントだなぁ^^;




って、ストーンズ商法に思いっきり釣られてるんだけどw





そう思わせるぐらい、ストーンズがカッコいいからなんだよね^^♪






DEB

nice!(100)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KEITH RICHARDS(キース・リチャーズ)のドキュメンタリー映画 『KEITH RICHARDS:UNDER THE INFLUENCE』 [THE ROLLING STONES]

9月18日からネットで配信されてるキース・リチャーズのドキュメンタリー映画。

『KEITH RICHARDS:UNDER THE INFLUENCE (アンダー・ザ・インフルエンス)』

001.jpg

”アンダー・ザ・インフルエンス”じゃなくて”アンダー・ジ・インフルエンス”じゃね?
って細かい話は置いといて^^;

こんな作品。

以下、”音楽情報サイト BARKS”より引用。

キースの全てに迫るドキュメンタリー『キース・リチャーズ:アンダー・ザ・インフルエンス』

キース・リチャーズのすべてに迫るというオリジナルドキュメンタリー
『キース・リチャーズ:アンダー・ザ・インフルエンス』が、9月18日(金)よりNetflixにて全世界一斉配信となる。

002.jpg

この作品は、『バックコーラスの歌姫たち』で
第86回アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したモーガン・ネヴィル監督が、
キース・リチャーズの音楽と社会的影響力の軌跡を独自の視点で描き上げたという話題作で、
18日(金)に発売となる23年ぶりのキーズ3thソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』に収録されている
1stシングル「トラブル」のミュージックにあわせて、貴重な過去映像やキースの素顔と本音に迫るものだ。
キースは「人生は不思議なものだ。歳を取るのも早死にもイヤなんだ。導かれるままに進むだけ。
人は墓に入るまで成長し続けるのさ。ゴールはないんだ。」とコメント、
キースの原点がここに描かれている。

004.jpg

本作では、ザ・ローリング・ストーンズ時代から最新のソロまで、
キースに影響を与えた人物や場所を巡っていく。
ブルースの殿堂であり
キースの親友マディ・ウォーターズ、ハリソン・ウルフに出会った場所、チェス・レコードの拠点があるシカゴ、
キースがカントリー・ミュージックに対する長年の愛を育んだナッシュビル、
そしてアルバムを録音し
ノラ・ジョーンズ、スティーヴ・ジョーダン、ワディ・ワクテル等と共同制作を行った街ニューヨーク・・・
その過程で、製作陣は旧友トム・ウェイツからもう1つのインスピレーションを受ける。

キースの実像に迫り、その音楽と社会的影響力の変遷を辿った後、
エレクトリック・ブルース、カントリー・ホンキー・トンク、サザン・ソウルなど、
彼が影響を受けた音楽の話に戻る。
気さくでありながら、時には深く考え込むキースのインタビュー、
そして人々に愛されるキースが伝説の人となるまでの長く独特な道のりが貴重映像とともに展開されていく。
作曲家、ギタリストそしてエンターテイナーとしてのキースの音楽の起源が描き出されるというわけだ。

Netflixオリジナルドキュメンタリー『キース・リチャーズ:アンダー・ザ・インフルエンス』
9月18日(金)より独占配信
(C)Netflix.All Rights Reserved.

引用ココまで。

早速観てみた。

003.jpg

キースが主役ってだけでファンにとってはたまんないんだけど、
内容がまたイイっす!!
(キースのファンとして客観的な評価はできないんで^^;)

005.jpg

キースの自宅やスタジオ、
そしてニュー・ヨーク、シカゴ、ナッシュビルでのロケ。
インタヴューの言葉ひとつひとつがキースらしいし、
あの笑顔にもヤラれちゃう。

006.jpg

過去のストーンズの映像や、彼らのルーツとなったミュージシャンとの共演シーンなんかも、
コマ切れだけどイロイロ登場するんすよね。

007.jpg

今のキースが「STREET FIGHTING MAN」のレコーディングの様子を再現してみたり、
グラム・パーソンズから教わった「SING ME BACK HOME」をピアノで弾き語ってり。
そんな貴重なシーンもあったり。

007.png

新譜『CROSSEYED HEART』の制作シーンが何度も登場すてきて、
コレを早く聴きたくてたまらなくなってしまう^^;

クロスアイド・ハート

クロスアイド・ハート

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD


パティと仲睦まじいシーンも出てきて、
キースはイイ感じで歳取ってるなぁって実感した。
顔は歳以上に皺くちゃかもしれないけど。

008.jpg

”ロック”じゃなくて”ロール”・・・
たしか、そんなコトを映画の中で言ってたキース。
そんなキースが弾くギターだからゴキゲンにスィングしてるんだろうな。

『KEITH RICHARDS:UNDER THE INFLUENCE』 予告編



予告編だけでもワクワクするでしょ^^。

黒人音楽が好きな方にもお薦めできる作品かなと。
キースの先輩たちへの感謝の気持ちが作品から伝わってくる。

詳しい方には今さらだけど、
こんなエピソードも本人のコメントと映像付きだとリアリティが増したりして。

映画の中でも実際のレコードをキースが手にして語られてたエピソード。
グリマー・ツインズ誕生の瞬間?
コレがそんなときに、ミックが脇に抱えてた運命のレコード2枚。

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ+8

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ+8

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: CD



ロッキン・アット・ザ・ホップス

ロッキン・アット・ザ・ホップス

  • アーティスト: チャック・ベリー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: CD



『ローリング・ストーン』誌のWEBサイトでは、こんな記事もアップされてた。

”10 Things We Learned From 'Keith Richards: Under the Influence”

http://www.rollingstone.com/music/news/10-things-we-learned-from-keith-richards-under-the-influence-20150918

トロント国際映画祭でも上映されたコノ作品。
キースはパティとレッド・カーペットにも登場した模様。

009.jpg

プレス・カンファレンスの様子はコチラで。
(8分50秒ぐらいからキース登場)




で、この映画を観るにはコレに加入しないとなんすよね。

010.png

今なら1ヶ月無料で体験できるんで、僕は加入しちゃった。
ほかにも音楽系の作品が少しあったんで観てみようかと。

映画やドラマに詳しい方ならもっと楽しめるかもっすね。

011.png

入会はコチラからかな?
https://www.netflix.com/jp/




それから、コノ映画で・・・


トム・ウェイツったら準主役かよってぐらいにフィーチャーされてる。


思いっきりしゃべってるし^^。



てなコトで。



キースはモチロン、トムのファンも必見の映画っす!!






DEB

nice!(92)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KEITH RICHARDS(キース・リチャーズ)の新譜と映画!! [THE ROLLING STONES]

ずいぶん前にレコーディングしてるとか、
もう完成してるだとか。

そんなニュースも入ってきてたんすよね、たしか。

ただ、そのときはストーンズが再始動してた時期だったんで、
今はソロをやってる場合じゃないってキースのコメントが添えられてた。

そんなニュースを知ってから楽しみにしてたキースのソロ・アルバム。

今年、ストーンズが北米で繰り広げてた”ZIP CORD ツアー”がひと段落して、
リリースが発表されたんすよね。

たしか7月だった。
それから時間も経ってるんで既知の方も多いと思うけど^^;

あらためて記事に。

キース・リチャーズのスタジオ・ソロ・アルバム、
『CLOSSEYED HEART』 (23年ぶり3枚目)

004.jpg

今回のジャケットではタバコ吸ってないっすね。

以下、ユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンのHPより引用。

キース・リチャーズ、実に23年ぶりのソロ・アルバム『クロスアイド・ハート
9月18日に全世界同時発売!!

キース・リチャーズは、実に23年ぶりの通算3作目にあたる待望のソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』を
ヴァージンEMIから9月18日に全世界で発売する(日本発売も9/18予定)。

『クロスアイド・ハート』には全15曲収録され、
20世紀で最も称賛されているアーティストの1人であるキース・リチャーズの全てを網羅している。
そしてレゲエ、ロック、カントリー、ブルースなど、五つ星の音楽の旅へと連れていってくれる。

『クロスアイド・ハート』からのファーストシングル「トラブル」は、7月17日に解禁となり、
張りつめたギター・ベースの楽曲で、キース・リチャーズがエレクトリックとアコースティック・ギター、ベース、
リードとバック・ヴォーカルを担当している。
旧友のスティーヴ・ジョーダンがドラムス、ワディ・ワクテルがギター、
そしてバーナード・ファウラーがバック・ヴォーカルとして参加している。
「トラブル」は、キースとスティーヴ・ジョーダンによる共作曲で、ふたりが共同プロデュースしている。

「このアルバムの制作、
そしてまたスティーヴ・ジョーダンとワディ・ワクテルと一緒に仕事が出来て、とても楽しかった。
何が出来上がるか、全く見当もなくスタジオに入るのは、本当に興奮するよ。
もしトラブルを探しているのであれば、まさにここが最適な場所だよ」

キースは『クロスアイド・ハート』の楽曲のほとんどを1人、もしくはスティーヴ・ジョーダンと共作している。
カントリー風の「ロブド・ブラインド」、レゲエ調の「ラヴ・オーヴァードゥー」、
曲名通りの「ブルース・イン・ザ・モーニング」などがアルバムのハイライトである。
また、多数のアーティストとコラボレーションしており、
ソウルフルなバラードの「イリュージョン」ではノラ・ジョーンズと共作、デュエットしている。

キース・リチャーズは、
アルバムでエレクトリックとアコースティック・ギター、ベース、ピアノ、ヴォーカルを担当している。
さらに前作のソロ・アルバムにも参加した
エクスペンシヴ・ワイノーズ(X-Pensive Winos)のギタリストであるワディ・ワクテル、
キーボードのアイヴァン・ネヴィル、バック・ヴォーカルのサラ・ダッシュが今回のアルバムにも参加している。

スティーヴ・ジョーダンは、ドラムスとヴォーカルで参加している。
他にスタックスのソングライターで、キーボード担当のスプーナー・オールダムが「ラヴァース・プリィ」、
ペダル・スチール演奏者のラリー・キャンベルが「ロブド・ブラインド」、
アーロン・ネヴィルがバック・ヴォーカルとして「ナッシング・オン・ミー」、
そして親友のボビー・キーズが「アムネシア」と「ブルース・イン・ザ・モーニング」にサックスで参加している。

キースは、1988年に『トーク・イズ・チープ』、1992年に『メイン・オフェンダー』といった
ソロ・スタジオ・アルバムを2作、
1988年12月15日にライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・パラディアム』をリリースしている。

キース・リチャーズの実に23年ぶりとなる通算3枚目のソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』は、
日本でも9月18日にリリースされる予定。

引用ココまで。

先行リリースされた「トラブル」。

005.jpg

いかにもキースっぽいギターとヴォーカル。
渋いんだけど、肩の力が抜けたちょっとポップな感じもして、
僕はイイなって思うっすよ。

KEITH RICHARDS 「TROUBLE」




トラックリスト。

01. Crosseyed Heart
02. Heartstopper
03. Amnesia
04. Robbed Blind
05. Trouble
06. Love Overdue
07. Nothing on Me
08. Suspicious
09. Blues in the Morning
10. Something for Nothing
11. Illusion
12. Just a Gift
13. Goodnight Irene (Leadbelly)
14. Substantial Damage
15. Lover's Plea

レッドベリーの曲をどんな風に仕上げてるのかも気になる^^;


国内盤

クロスアイド・ハート

クロスアイド・ハート

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD



輸入盤

Crosseyed Heart

Crosseyed Heart

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ume
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD



アナログ盤も出るでよ。

Crosseyed Heart [12 inch Analog]

Crosseyed Heart [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ume
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: LP Record



Tシャツまで^^;

Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: Sサイズ) UIZZ-12135

Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: Sサイズ) UIZZ-12135

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ミュージック マーチャンダイズ
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD



Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: Mサイズ) UIZZ-12136

Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: Mサイズ) UIZZ-12136

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ミュージック マーチャンダイズ
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD



Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: Lサイズ) UIZZ-12137

Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: Lサイズ) UIZZ-12137

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ミュージック マーチャンダイズ
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD



Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: XLサイズ) UIZZ-12138

Keith Richards Crosseyed Heart Tee (Tシャツ) (Size: XLサイズ) UIZZ-12138

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ミュージック マーチャンダイズ
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD



新譜のニュースと同時にドキュメンタリー映画のニュースも!!

007.jpg

”rockin' on RO69”より引用。

キース・リチャーズの新ドキュメンタリー映画がソロ作発売日にNETFLIXで上映。
日本も秋にNETFLIX開始!

キース・リチャーズの新ドキュメンタリー映画『Keith Richards: Under the Influence』が、
9月18日、ソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』の発売日と同日にNetflixにて上映される。
ローリング・ストーン誌が掲載している。
http://www.rollingstone.com/music/news/keith-richards-doc-under-the-influence-headed-to-netflix-20150728

キース・リチャーズのサイトにも公式発表が。
http://www.keithrichards.com/news/keith-richards-under-influence-netflix-original-documentary-academy-award-winning-director

この作品は、『バックコーラスの歌姫たち』(2013年)で、
オスカーを獲ったばかりの監督モーガン・ネヴィルによるものだということでますます楽しみ。
ちなみに、彼は、キール・リチャーズのシングル「Trouble」のMVも監督している。こちら映像。
https://itunes.apple.com/us/post/idsa.b4109bf4-347a-11e5-923b-96eb505a76de

ちなみにここで着ている服はほぼ全部(帽子以外)、私が試聴会に行った時と同じ。
もしかして試聴会の前にビデオを撮影したのかも。

監督は、
「今作は、キースの影響や、作曲の過程、ギター演奏について描いた、これまで観たこともないような内容」
になっているということ。
映画では、インタビュー映像、過去の映像、また最新作のレコーディング風景などが観られるそうだ。

また、
「ロックンロールのラシュモア山があったとしたら、キースの顔は間違いなくそのひとつとして刻まれるはずだ。
彼は、常にロックのソウルを象徴してきた。
ロックに存在するすべての光と影を内包する存在だ。
僕がホッとしたのは、キース・リチャーズが実際、人間として本物だったということ。
ユーモアも、知識も、知恵も、ものすごく持っている人だったということ。
この映画で、キースの本当の姿が描けたと思っている。
それをNETFLIXで世界中の人に届けられることを光栄に思う」
とも語っている。

キース・リチャーズは「Trouble」のMV公開時に以下の声明を発表している。
「俺には、新作を作るなんて勇気があったから、
スティーヴ・ジョーダンとワディ・ワクテルとまた一緒に演奏したんだ」
「どんなものが完成するのか、まったく何のアイディアもない状態でスタジオに入る気分というのは、
他の何とも比べることができない。
だけど、「Trouble」(何か問題が起きるの)を探しているんだったら、これ以上完璧な場所もないんだ」。

そして、ここで一番気になるのは、日本でも秋にNETFLIXが開始するということ!!!

実はそれに合わせてLAにあるNETFLIXオフィスを見学に行ったんだが、
それについては間もなく紹介できるとして、
もし、このキースのドキュメンタリーが観られることになるなら、
キース・ファンは間違いなく加入するのでは?!
その時までに日本のサービスが始まっているのか、果たしてこのドキュメンタリーが観られるのか、
という情報はまだ入ってきてないので、分かり次第お知らせする!!

ちなみに、私はもちろんNETFLIXに入っているが、
NETFLIXの良いところのひとつは、簡単に加入できて、簡単に止めることもできること。
そしてまた気が向いたらほぼワンクリックで再加入できる。
だから、例えば、キースのドキュメンタリーが上映されることになったら、
その月だけ加入してすぐ止めることもできる。
日本の値段設定がいくらなのかまだ分からないが、アメリカは一番安いサービスは月7.99ドル。

引用ココまで。

008.jpg

コッチも楽しみっすね。


”NETFLIX”って初めて知ったんだけど、
日本でもサーヴィスが始まるみたい。
1ヶ月無料体験もあるとか?

詳しくはコチラで。
https://www.netflix.com/jp/

僕もコノ映画観たいんで加入しようかなと。
無料期間だけw

オマケ。

009.jpg

キース爺ちゃんと孫の2ショット。

お孫さんカッコいいっすね。
キースも嬉しそうだし。

爺ちゃんが、こんなカッコいいスーパースターって、どんな気持ちなんだろ?


昨日のライヴ・イヴェント”村騒動”。

すっげ~楽しかったっす!!


僕もぐだぐだだったけど、なんとか歌ってきた^^;



ココのコメント欄で応援していただいた皆さま。


ありがとうございました^^♪




詳細はまた記事にしちゃうもんねw




キースの新譜ともどもお楽しみに♪





DEB

nice!(95)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KEITH RICHARDS (キース・リチャーズ)と奥田民生 [THE ROLLING STONES]

コノ2人の共通点といえば。

ドチラも僕の大好きなミュージシャン!!
てコトは置いといて^^;

スティーヴ・ジョーダン(ドラマー)が真っ先に頭に浮かぶんだけど。


今回は音楽じゃなくて本の話。

なんと。

キース・リチャーズが絵本を出版するんだって!!

冗談じゃなくてマジに^^。

でだ。

その日本語版の翻訳をやったのが奥田民生なんだって!!

どうやらホントらしい。


その本が・・・

コレっす!!

008.jpg

『Gus & Me: The Story of My Granddad and My First Guitar

邦題 『Gus & Me おじいさんとはじめてのギターの物語』

いやぁ、すっげ~意外なんだけど^^;
ファンとしては買わないと。


来月、9月10日に発売みたい。



どんな絵本かというと・・・

Amazon.co.jpより引用。

ザ・ローリング・ストーンズの原点が、ここにある!
伝説的ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズのギタリストである
キース・リチャーズが、絵本を出版します!
翻訳は、1994年に大ヒットシングル『愛のために』でソロ活動を開始し、
今年10月に20年目の佳節を迎えるシンガーソングライター・奥田民生氏。
本書はキースの自伝的な要素が強い作品で、
ビッグバンドのミュージシャンだった祖父・ガスが、
幼い日のキースに一本のギターを手渡すまでの「魔法のような時間」の物語です。
絵は、キースの実娘でアーティストのセオドラ・リチャーズが担当。
祖父と夜の街を歩く楽しさ、楽器工房の魅力、ギターへの憧れなどが、
透明感のある水彩画で彩られています。
また、巻末には写真入りのバイオグラフィーに加え、
キースみずからが絵本を朗読・演奏するCDがついています。
ファンのみならず、子どもから大人まで、音楽を愛するすべての人に贈りたい絵本です。

引用ココまで。


書籍の情報は以下の通り。

●書籍情報
『Gus & Me ガスじいさんとはじめてのギター』
2014年9月10日発売予定
文・演奏:キース・リチャーズ/訳:奥田民生
20×20cm・上製・32頁(予定)/CD付
予価:本体2,200円 ポプラ社刊

<ストーリー>
第二次世界大戦直後のイギリス、ダートフォード。
だれもが鬱屈していたこの町を、楽しそうに散歩しているふたり組み(と、犬いっぴき)がいました。
それは、ジャズ・ミュージシャンをしていたガスと、その孫、キースでした。
ガスはキースを連れ、町中を歩き回ります。
いつも、歌を口ずさみながら――。
ガスの影響で、音楽にのめりこむキース。
ある日キースはガスに、いつもピアノの上に置いてある、古びたギターをねだります。
「あのピアノの上に手が届くようになったらな」と言われ、
幼いキースは、毎日懸命に手を伸ばしますが――?


キースと娘のセオドラ。

009.jpg

「父と曽祖父の関係を掘り下げることができた。
 私にしてはそれだけでも贈り物です。この過程から人生を肯定することを学びました」

コレはセオドアのコメント。

何だか読みたくなるじゃん!!

Gus & Me おじいさんとはじめてのギターの物語

Gus & Me おじいさんとはじめてのギターの物語




コッチは原書。

Gus & Me: The Story of My Granddad and My First Guitar

Gus & Me: The Story of My Granddad and My First Guitar

  • 作者: Keith Richards
  • 出版社/メーカー: Little, Brown Books for Young Readers
  • 発売日: 2014/09/09
  • メディア: ハードカバー



まずは日本語版を買うつもりだけど、
その内容次第では原書も買っちゃおうかと。

キースが書いたオリジナル(英語)の文章。
日本語版でも、ちゃんと載ってるのかな?



絵本に付属してるCDも楽しみ!!



アノ声での朗読。




酒の肴にピッタリだなと^^。






DEB

nice!(84)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - THE ROLLING STONES ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。